求職者に際してキャリアカウンセラーができること

求職者に際してキャリアカウンセラーができること

スポンサードリンク

キャリアカウンセラーの仕事の中で、転職に関係する時には、単に仕事だけが関係してくるのではありません。
生き方すべてで、キャリアとして捉えることが大切なことです。

 

例えば、企業のキャリアカウンセラーとして採用された時には、人生相談にやってくる方はいないでしょう。
しかし、仕事についての様々な話をして行くうちに、その方の持つ価値観や職業観に触れる事になります。

 

その部分について否定をするのではなく、見方を変える、表現方法を工夫をすることで、仕事に生かすことができるというエッセンスを与えるのがキャリアカウンセラーです。
自分がキャリアカウンセラーとして採用される場合は、そこまでの力量を示すことがポイントでしょう。

これからの希望を与える

今ある問題解決だけが決め手ではありません。
キャリアカウンセラーとして働くには、その方のこれからの人生も変えられるだけの力を持っています。

 

キャリアカウンセラーとしての資格を得るためには、様々な勉強をしなくてはなりませんが、キャリア支援に関する基礎理念を基板として、技法などを学んでいきます。

マニュアル通りではない

それをマニュアル通りに示していくのではなく、必ず自分で噛み砕いて、キャリアカウンセラーとして働くことで、その存在感がいきます。

 

キャリアカウンセラーとしてできることは、無限であり、その広がりは結局は、自分自身の人間の幅でもあります。

 

どこまでのキャリアカウンセラーを求人としているか?
最初から100%ではない場合は、ともに成長して行くことが大切ですが、それには日々精進でしょう。

求職者に際してキャリアカウンセラーができることについての情報

スポンサードリンク