CDAのキャリアカウンセラー資格

CDAのキャリアカウンセラー資格

スポンサードリンク

CDAとは、キャリア・デベロップメント・アドバイザーのことを言いますが、キャリアカウンセラーの資格の一つです。

 

2000年にできたもので、2011年で10,000人の資格者を有しています。

 

CDAのキャリアカウンセラーになるには、日本キャリア開発協会が実施する試験に合格することが第一のステップです。

 

資格取得後は、日本キャリア開発協会からのサポートを受けることができ、セミナーや
講演会、勉強会などを受講することも可能です。

 

実務家レベルの資格としても有名です。

CDA資格認定試験について 1

CDAのキャリアカウンセラーの資格は、CDA資格認定試験に合格した者に与えるものです。
日本キャリア開発協会が認定した教育機関において、養成講座をうけて、修了証を取得した方などに、受験資格が与えられます。

 

20歳以上で、職業経験は3年以上という年齢制限、CDAのカリキュラムの修了日から5年以内などの条件もあります。

 

CDA資格認定試験は、一次試験が学科と二次試験実技になっていて、一次試験合格後は、二年以内であれば、そのまま二次試験にチャレンジできます。

CDA資格認定試験について 2

CDA資格認定試験は年4回、全国主要都市で開催されます。
合格率は約50%ですが、二次試験になると五割を割り込むことが多いようです。

 

二次試験は実技になりますから、より実践を重ねることで、問題内容も複雑になります。
学科と違って、その場の臨機応変さも要求されますが、これこそがキャリアカウンセラーとして必要なことなのです。

 

受験料は、一次試験が15,750円、二次試験が21,000円となっています。

CDAのキャリアカウンセラー資格についての情報

スポンサードリンク

CDAのキャリアカウンセラー資格関連ページ

キャリアカウンセラー国家試験の内容
キャリアカウンセラー国家試験に関する説明です。
キャリアコンサルタント試験の合格率はこんなもの
キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラーの試験合格率や養成講座に関する説明です。
DBMマスターのキャリアカウンセラー資格
テンプスタッフが係わるDBMマスターのキャリアカウンセラー資格について説明しています。
DCGF-japanのキャリアカウンセラー資格
DCGF-japanのキャリアカウンセラー資格はどのようなものか説明しています。