キャリアカウンセラーの資格

キャリアカウンセラーの資格

スポンサードリンク

キャリアカウンセラーの資格は、2級コンサルティング技能士の国家資格と標準レベルキャリアコンサルタント認定を受けた民間資格があります。

 

どちらかというと、やはり国家資格が良いでしょう。
両方の資格をお持ちのキャリアカウンセラーが多いようで、推定全国で4万人くらいいらっしゃるようです。

 

というのも、民間資格は標準レベルのものでしかなく、国家資格は、熟練レベル、指導者レベルと質が変わってきます。
それだけ難しい案件に携わることができるということでしょう。

 

資格を有した上での経験がものを言います。

 

キャリアカウンセラーの資格の合格率は、上級レベルになるほど低くなっています。

研修会や養成講座のススメ

多分独学での、キャリアカウンセラーの資格取得は難しいでしょう。
検定試験は、全国で開催されていますが、その研修会などが、各地で行われています。

 

また、通信講座においても資格取得のための講座が開催されていますから、ぜひ参考になさってみてください。

 

ある程度の実務経験も必要なことから、養成講座などへの出席で、キャリアカウンセラーとはなにかを一から学ぶことをオススメします。

勉強から経験を

人の話をきいて特性を見出し、新たな出発を応援するのがキャリアカウンセラーです。
ということは、自らの口から出る言葉が相手を奮起させ、希望を与えるものとされています。

 

人と話すことが好き、人間が好きということで原点にあることで、キャリアカウンセラーになれるものです。

 

研修会や養成講座は数多く出席され、資格取得までもたくさんの経験をされることをオススメします。

キャリアカウンセラーの資格記事一覧

キャリアカウンセラー国家試験の内容

キャリアカウンセラーの国家資格は、キャリア・コンサルティング技能検定に合格したものを言います。これはキャリアコンサルティング協議会が運営しているものです。民間資格としては、標準レベルキャリアコンサルティングの認定を受けた民間で行われる試験に合格した場合になります。なお、この民間資格を持っていると、国...

≫続きを読む

 

キャリアコンサルタント試験の合格率はこんなもの

キャリアコンサルタント試験の合格率は良くて50%と言われています。一次試験と二次試験がありますが、二次試験までの合格率は、50%を切っています。また、国家資格になると、20%台という数字です。民間資格、国家資格とあるキャリアコンサルタント試験ですが、民間資格の初級の方が合格率は高いと言えます。この数...

≫続きを読む

 

DBMマスターのキャリアカウンセラー資格

DBMマスターのキャリアカウンセラー。以前は存在していたのですが、現在はTCCマスターのキャリアカウンセラーに名称が変わっています。日本DBM(日本ドレーク・ビーム・モリン)は、テンプスタッフの傘下に入りました。もともとDBMマスターのキャリアカウンセラーとして、キャリアカウンセリング先進国アメリカ...

≫続きを読む

 

DCGF-japanのキャリアカウンセラー資格

GCDF-Japanキャリアカウンセラーとは、キャリアカウンセラーのなか民間資格の一つで、標準レベルのキャリア・コンサルタントです。現在、10の民間機関で実施している資格取得試験に合格することで取得ができます。キャリアカウンセラーの中でも基礎能力が必要なもので、企業などのキャリア相談などの就職に有利...

≫続きを読む

 

CDAのキャリアカウンセラー資格

CDAとは、キャリア・デベロップメント・アドバイザーのことを言いますが、キャリアカウンセラーの資格の一つです。2000年にできたもので、2011年で10,000人の資格者を有しています。CDAのキャリアカウンセラーになるには、日本キャリア開発協会が実施する試験に合格することが第一のステップです。資格...

≫続きを読む

 

キャリアカウンセラーの資格についての情報

スポンサードリンク