キャリアコンサルタントの仕事

キャリアカウンセラーになるには

キャリアカウンセラーになるには、資格をとらなければなんりません。
そもそもキャリアカウンセラーとは何でしょう?

 

キャリアカウンセラーのキャリアとは、仕事のことを指しますが、すなわち仕事についての相談を的確にアドバイスすることができる方をキャリアカウンセラーと呼びます。

 

例えば、相談に来る方は、自分はどんな仕事に向いているかということを第一に訪ねてきます。
もちろん見ず知らずの方です。

 

初対面の相手と接して、話を聞くことで、その方の人間性を尊重しながら、仕事のアドバイスをしなければなりません。
ですから、自分の知識や経験だけで話を進めることはできません。

キャリアコンサルタントとは

どちらかと言うと、相談者の士気を高める方法で、励まし、その方の本質を見ぬくという鋭い観察力も必要になってきます。
単なるお悩み相談者ではないということが言えます。

 

一人の人間と社会を結ぶ橋渡し的な存在になると言う大きな心構えが必要なのです。

 

キャリアコンサルタントは、仕事に対する相談支援を行なう専門職になります。
ほとんどキャリアカウンセラーと同じと見てよいでしょう。

仕事に対して的確なアドバイスを行なう

このキャリアコンサルタントになるのにも、資格を有します。
日本では、キャリアコンサルタントについては、民間資格を創設し、官民合同5万人のキャリアコンサルタントを目指しています。

 

この動きは、不景気にあえぐ日本経済を背景に、失業率の現象が大きな目的でしょう。
と同時に仕事に対して、自身の能力をどう目覚めさせていけば良いかということを、コンサルタントを利用して、多くの方が仕事によって、成功してほしいということもあります。

 

したい仕事をする、何が自分にできるのか?それを知るのには、こうした専門職のアドバイスがあってのことでしょう。

 

キャリアコンサルタントの仕事についての情報

スポンサードリンク